【漫画感想】「空挺ドラゴンズ」 2巻

空挺ドラゴンズ(2) (アフタヌーンKC)

空を旅する捕龍船『クィン・ザザ号』は、有数の港町・クオーン市に到着。乗組員たちは船を降り、久々の地上を満喫している。そんな折、港に停泊中の船に捕らえられていた1匹の龍が突如暴れ出した! 乗組員は総力をあげて捕獲に挑むが、龍は巨大でかなり手強い――。一行は龍を捕まえ、食べることができるのか!? マンガ大賞2017ノミネート作品。空飛ぶグルメ紀行はますます絶好調!!

Amazon内容紹介より

ここ最近始まった漫画の中では続きを心待ちにしている上位の漫画と言っても良いと思います。1巻の時点でファンタジーの王道をしっかりと歩んで行ってくれそうな期待感がありましたけれども、2巻でもその期待を裏切らずにしっかりと歩んでくれているように感じます。2巻の感じですと、メインキャラクターたちを数話ずつピックアップしていく展開のようですので、まだまだ長く楽しめそう気がしますね。5巻くらい続けばアニメ化しそうな予感もしたりしなかったり…。

さて「空挺ドラゴンズ」2巻です。個人的には2巻でグルメ部分の占める割合がそれほど大きくならなかったことがとても良かったなと感じました。上記、Amazon内容紹介などの通り「グルメ紀行」という部分をウリにしているところもあるようですけれども、自分としては「捕った龍を食らう」という部分は描きつつも「グルメ」にはなって欲しくないな、と思っています。もちろん生き物を狩る以上、その肉を食べる行為自体を描くのは当然のことではあると思いますが。そういう意味では今回出てきた、龍の革を使ったタペストリー作りなどの文化的な側面の描写はとても良かったと思います。今後、龍の油を精油するところや骨を加工するところなども描かれていくと面白いなあ、とか想像しました。3巻以降も「ミカさん」にはぜひぜひブレずに喰い続けて欲しいですけれどもね。

それにしても長期間の空の旅に必要な職業はたくさんあるでしょうから、それに伴ってキャラクターも当然ではありますが、様々なタイプが登場してくれそうです。航海士*1や機関士や料理人を始めとして、今回名前付きで登場した中では、会計のような仕事をしている「リーさん」がなかなかいい味を出していたように思います。基本的には荒くれ者たちで構成されているクィン・ザザ号のクルーの中では圧倒的に知的そうなナマズ髭メガネ顔で、まさに会計にうってつけな容貌です。ただ、今回のメインキャラクターと言えるだろう「ジロー君」は少しわかり易いキャラクターすぎたような気がしますね。もう少し影があって欲しかったところですが…2巻でのエピソードも、特に引きずる雰囲気はありませんでしたしね。ピュアと言うよりは能天気なキャラクターだったのかもしれませんけれども。

これは1巻の感想にも書きましたけれども「ハックス」と同じく、わりとアッサリ風味でお話が展開していく予感がするので、人の生死に関してはもう少し重い空気を感じさせて欲しいかな、と思ったり。捕龍船の生活だと人の生死が身近すぎる、ということもあっての描写なのかもしれませんけれども、街の人々も含めてやはり若干「怒哀」の感情に乏しく感じてしまったのですよね。ドロドロ、とまではしなくても良いですけれども、もう少し重厚感が欲しいです。

ところで2巻の帯には「超巨大龍、襲来」と書かれていましたが、細かいところではありますけれども襲来はしていないですよね…。大々的に襲われてしまってはいますけれども。ちなみに襲われ方は、襲う側の動物を変更すれば現実世界でも起こりそうな感じがありました。その龍を仕留める時に長老のもっともらしいセリフに被せて「ミカさん」が食えるかどうか、というところに重点を置いているのはとても良かったですね。今後も説教臭くならない方向で展開して欲しいな、と思います。

そんな訳で「空挺ドラゴンズ」2巻は、引き続き3巻が待ち遠しく、また楽しみになるような内容でした。もう少し重い空気感をまとっても良いのかな、と個人的には思います。特に人物描写に関しては、もう少し面倒臭そうなキャラクターも登場して欲しいところですね。何はともあれ3巻が楽しみです。

*1:航空士?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です