育休18日目

今日は来週から通うことになる保育園へ、歩いてどのくらい時間がかかるのか試してみました。子どもを抱っこした状態で約25分。今日は風もなく暖かなコンディションの良い日だったので、日によっては30分前後になることもありそう。バスを使うことも想定して、帰りはバスで…と思っていたのだけれどもイオンで買い物をしていたら予定していたバスの時間に間に合わなくなってしまったので、帰りも徒歩。当地の人たちは自家用車を使いまくるのだけれども、公共交通機関をもっと使って便利にしよう、という気持ちはないのかなあ、といつも不思議に思います。使わなければなくなるのは当たり前なのに、なくなってから不便不便と言うのはおかしな話ですよね。もちろん、いくらか不便なこともありますが、出来る限り自分の足とバスを使っていきたいと改めて思いました。

ちなみに抱っこされていた子どもは相変わらず扱いが楽な子でしたね。2/3は寝て、1/3はダアダアとお喋りの真似事をしてすごしていました。買い物をしたイオンで念のため、と思って確認してもオムツを交換する必要もなく…。手のかからない子で助かります。親としてはあまり我慢をする子に育って欲しくもないので、複雑ですが。

 

今日の絵本は「あかいひかり みどりのひかり」。子どもに読むには少し早すぎる絵本であることは間違いないです。まあ、今までの絵本も大抵早いですが。

今までの絵本に比べても若干長めなので後半は飽きてしまったようでした。赤と緑が多めに使ってあるページとウサギと猫が大きく描かれているページは随分と興奮しているようでしたね。実際に、そのページに興奮しているのか、たまたまそのタイミングだったのかはわかりませんけれども…。

個人的には好きなテイストの絵本でした。全体とすれば少し寂しさのようなものを感じてしんみりしますが、同時に心穏やかにもなるようでいて、赤と緑の象徴的な言葉は随分と力強くて、そのメリハリというかバランスが面白かったです。

 

明日は今日出来なかったバス行程を試してみる予定です。明日も楽しみだなあ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です