育児日記’21.3.20

少し前から「花粉、ちょっとキテるな」とは思っていたのですが、今日急激に悪化しました。鼻と目と、それらに伴って頭が痛いです。ここ数日、よく散歩していたことと、今日は特に天気が良かったので第一子ちゃんと近所の公園でたっぷり遊んだのが良くなかったのかも知れません。第一子ちゃんが初見の小学校1年生のお姉さんに遊んでもらっていたので、自分も混ざって鬼ごっことかしていたのが敗因ですね。薬飲まないと。

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

それにしても小学校1年生にもなると、本当に女の人はしっかりとするんだなあ、と親になって思わされる場面が増えました。第一子ちゃんが割と年上に構ってもらうタイプの子どもなので、近所の小学生のお姉さんたちと一緒になって遊ぶことは多いのですが、彼女たちの一人の女性としてしっかりとした感じと、男児たちのダメダメな感じは話には聞いていましたが、想像していた以上のものでした。まあ自分を振り返っても男性のダメダメさは納得なのですがね。

今では第一子ちゃんの父親ということ抜きで近所の変なおっさんとして、彼女たちの遊び友だちみたいな認識をされているようで、歩いていても遠くから手を振られて呼ばれることが増えてきました。お母さんたちは、彼女たちからそういった扱いを受けていないみたいなので、やはりちょっと甘く見られているのだろうなあ、と思ったり、そういう風になれて良かったな、と思ったり、そして大人の男性としては色々と気を付けないとな、と思ったりしています。近所の通学路を下校時に歩いていた際、出会い頭に防犯ブザーを鳴らされたことは決して忘れません。そして女児の対応として、それは間違ったものではない、ということも同時に自分に言い聞かせていかないといけないな、と思うのですよね。

ところで小学生が鬼ごっこの際に使う「バリアー!」、最凶すぎません?ゲーム性崩壊してるだろってツッコミを入れたくて仕方がなくなる使い方を頻発されて「そっかーバリアかー」と引き下がるのは、大人として正しい態度なのかどうか若干考え込んでしまいました。そんなに凄いなら花粉をバリアしてくれよ。次遊ぶ時は「バリアなしね!」と言ってみようかな。花粉は困ったものですが、やっぱり子どもと遊ぶのは結構楽しいです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です