全ページゆっくりと改修中です。御了承ください。

育児日記’21.3.30

スポンサーリンク

全国的に黄砂がかなりヒドい、という話だったので今日はお出かけしないことにしました。第二子ちゃんと2人だけですごせる平日も残り2日間だったので、本来であったら長めのお散歩に行きたかったのですが、残念ながらそれも出来ず。仕方がないので近所のスーパーにお買い物だけ行きました。

第一子ちゃんの頃からなので、もうかなりの期間と回数になるかと思いますが、抱っこ紐やヒップシート、ベビーカーなどを使っての子連れお買い物にもだいぶ慣れましたね。基本的には我が家は子どもが産まれる前から食材のお買い物は自分がすることが多かったので、日常的に使っているスーパーで働いている方たちはお互いに顔見知りな感じになっていたかと思いますけれども、子連れになってからは特にかなり丁寧に対応してもらっているなあ、と感じます。自分より明らかに年上の女性にそこそこ重い買い物カゴを持ってもらうことには、結構な抵抗があるのですが、毎回レジからサッカー台まで持って行ってくれて助かります。本来であれば、カートを使った方が良いのでしょうけれども、抱っこ紐を使うとカートのカゴまでの距離が遠すぎて相当疲れるのですよね。また買い物中だけ抱っこ紐から外す、ということも考えられますが、抱っこし直すのも一苦労なので、出来ればしたくないですし[1]イオンモールみたいに大きめのベビールームがあるというのであれば、話は変わってきますが。とりあえずは毎回ちゃんと感謝の言葉を述べることと、出来る限り件のスーパーを使うことで還元していくしかないかな、と思っています。

都会では子連れの際、街行く人に酷い扱いを受けることがある、という話も少なからず目にしますが、やはり自分の住んでいるところが田舎なのか自分が男性だからなのか、理由はわかりませんが酷い扱いを受けたことがないのはありがたいです。以前から繰り返し書いている通り、奇異の目で見られることは日常茶飯事なので、その辺りはトレードオフ関係になっているのかもしれません。もしくは、ここ2,3年は髭を生やしていることが多いので、単に厳つい人だと怖がられているのかもしれませんね[2]この1年はマスク姿しか見られていないはずなので、関係なさそうですが

明日が保育園生活前の最終日。社会的な所属のない第二子ちゃんと2人きりで過ごす最後の日になってしまいました。存分に楽しもうと思います。

References

References
1 イオンモールみたいに大きめのベビールームがあるというのであれば、話は変わってきますが
2 この1年はマスク姿しか見られていないはずなので、関係なさそうですが

コメント