【漫画感想】「フルチャージ!! 家電ちゃん」 4巻

フルチャージ!! 家電ちゃん 4 (ジャンプコミックス)

美少女メカのアイ、ケイ、ミリーに囲まれる日々を送る大学生・ヒロト。だが突然、ケイの開発中止が決定! 閉じ込められた彼女を救い出せるのか!? そして、新たに現れた4体目は?

Amazon 内容紹介より

1巻1体のペースで登場する人型機械が増えていきますね。それにしても主役であるはずのところの家電のアイちゃんの扱いが表紙も中身でも端に追いやられているようにしか見えません。ケイちゃんは2巻でも表紙センターを飾っていましたけれども、アイちゃんは未だに1巻のみ。しかも、元々そういうキャラクター、と言えばそれまでですけれども4巻の表紙では人型ですらありませんでした。個人的にはもう少しアイちゃんが汚れじゃない方面で頑張るところが読みたいですね。

さて「フルチャージ!! 家電ちゃん」も4巻です。4巻で4体…順調に増えていきます。今回増えたのはカラクリ人形というくくりのようですけれども、もうアレは機械というよりは怪奇現象の域に突入してしまっているのでは?と思わなくもありません。今までの各キャラクターたちがそもそも謎技術なのは許すとしても、お静ちゃんはもう「機械」ですらないかなあ、という気がしてしまいます。少し残念なキャラクターになってしまうのでは、という予想はありますけれども、ミリーちゃんの後付け設定*1である「武装解除すると気弱になる」というパターンのように後から魅力が追加されていく、という可能性もあるのかもしれません。色々と後付け出来る、というのも機械の魅力の1つと言えなくはないですが、お静ちゃんはどうなるでしょうか。

表紙にもなっているレトロTVにアイちゃんが換装される43話は、4巻では数少ないアイちゃんがメインの回であったと思うのですけれども、アイちゃんの扱いは少し汚れが過ぎるのでは、と感じてしまいました。いや、元々汚れ担当であったのは間違いないのですけれども、ちょっと直接的な下ネタ過ぎるような気がしてなりません。「パンツもぐもぐ」とかはアリだと感じてしまうので、なかなか自分でも難しいラインだな、とは思いますが。そして対象がアイちゃんなので、まったくエッチくならないのが救いのような、そうでもないような…。

それにしても3巻末で少し心配してしまったケイちゃんですけれども、やはりというか何と言うか特に何事もなく着地してくれましたね。この漫画には湿ったところは必要ないと思いますし、誰もが望むところではないとは思っていましたが、無事に収まった感じで何よりでした。そのおかげ、と言うべきなのかはわかりませんけれども、優等生タイプであったはずのケイちゃんがアイちゃんに引っ張られて壊れ始めてしまったのは由々しき事態ではあります。出来れば、優等生タイプだったケイちゃんに戻って欲しいところです。

ところで、この漫画の中での美人枠となっている*2主人公・ヒロト君の住むマンションの大家さんである片瀬さんですけれども、やはり匂わせてくる回が来ましたね。予想通りではありますけれども、好きなキャラクターなので嬉しかったです。ヒロト君はやはりモテすぎだと思いますが。片瀬さんのこの手の話は今回が最初で最後だとは思いますけれども、アイちゃんを作ったナナミ電子の星野さんには同様の機会は訪れるのでしょうかね。気になるところではあります。

そんな訳で「フルチャージ!! 家電ちゃん」は相変わらずのドタバタが楽しかったです。仕方がないことかもしれませんけれども、家電成分は少しずつ少なくなってきてしまっていますね。その点が残念です。漫画の袖の部分でこんちき氏が「あとちょっと続きます」と書いているので、もしかしたら最終回も近いのかもしれません。次巻ではアイちゃんがメインで活躍してくれることを期待して待ちたいと思います。

*1:漫画内でそう書かれています

*2:と個人的には思っている

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です