【漫画感想】「ドロヘドロ」 22巻

ドロヘドロ 22 (BIC COMICS IKKI)

穴の中からコンニチハ。ラスボス登場です。

舞台は中央デパートからホールの町へと移り、ついに最終決戦へ。
「アイ」という器から解放された太古の呪いは、肉体を手に入れホール市街で大暴れ!
魔法使いを虐殺することのみを使命に最強の存在として動き続ける。

Amazon内容紹介より

21巻に引き続き、怒涛の展開です。21巻の感想でも書きましたが、これまでの停滞ムードが嘘のような急展開です。息もつかせないとはまさにこのことでしょう。ドロヘドロらしく、ところどころにしっかりと気の抜ける笑いも散りばめられてはいますけれども。ドロヘドロの新巻を読む際に初めて通して再読をしない巻になりましたが、お話に置いて行かれているような気がして心配です。

さて「ドロヘドロ」22巻です。お話が佳境に入っているのは間違いないとは思うのですけれども、読んでも読んでもどこに落着するのか、想像出来ません。さすがはすべてが混沌の中にある漫画、ドロヘドロですね。それにしても22巻の表紙はホールくんの呪詛の言葉がたくさん詰まった加工になっていました。ホールくんのビジュアルにはカッコ良さを感じませんけれども、この表紙はカッコ良いです。全身ポケットだらけの服装には少し笑ってしまいましたが…。そして、この表紙へのこだわりが、電子書籍化しない理由なのかもしれませんね。実際のところはわかりませんけれども。

また22巻では煙さんのキノコ力が見事に発揮されていました。攻守にわたって万能なキノコです。能井さんのナイスアシストも光りますが、こういう場面だと自分の好きなキャラクターである心先輩の出番は皆無なので、寂しいです。そして、どこでも輝く恵比寿ちゃんの奔放っぷり…堪りません。煙ファミリーと十字目主要メンバーの数名のパーティーの命運はそろそろ尽きそうではありますが、ここからどうやって挽回するのか、キリオンさんの動向と共に気になるところです。

ドロヘドロがどういう決着をするのかはまだまだわかりませんけれども、個人的にはどのキャラクターも好きなので人間も魔法使いも悪魔もそれぞれが幸せな決着をして欲しいですね。カイマンさんとニカイドウさんはもちろんですけれども、見回せば色々な組み合わせが出来ていて、みんなにぜひ幸せになってもらいたいものだな…とか思ってしまいます。22巻では悪魔たちも「ホールくん数え歌」の欄で紹介されているので、愛着がわいてきそうですし。魔法の実験台にされてしまうような人間たちは別にして、何だかんだで物語のスタート時点が一番平和だった気がするので、この混沌状態からキャラクターたちが心穏やかに過ごせる状態になるためにどういう形になるのが良いのか…悩ましいですね。

ところで、この感想文を書いている最中に掲載誌である「ヒバナ」の刊行が終了することがアナウンスされてしまいましたが、ドロヘドロはどうなってしまうのでしょうかね。ドロヘドロくらいに人気のある漫画であれば、どこかしらの雑誌で引き受けてくれるとは思いますけれども…。さすがにこの段階になってから掲載誌の移動でお話の展開が変わってくる、ということはないでしょうが、若干心配です。掲載誌が2つも終わってしまうというのも、なかなか凄いですよね…。

そんな訳で「ドロヘドロ」22巻はとうとうラストスパート、という感じが漂ってきました。恐らく後1,2巻で完結になるでしょう。もう現段階で面白い漫画であったことは間違いないので、後は綺麗に完結して欲しい、というのが大半のドロヘドロ読者の意見が一致するところではないでしょうかね。次巻23巻は来春くらいでしょうか。今から楽しみです。そして掲載誌関係の問題でおかしなことにならないことを祈ります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です