【漫画感想】「フルチャージ!! 家電ちゃん」 5巻(完結)

フルチャージ!! 家電ちゃん 5 (ジャンプコミックス)

大学生・ヒロトと「汎用家電」アイの、楽しくもドタバタ続きの日常に突然のピリオドが!? お試し期間の終了を告げられたときヒロトが下した決断とは!? 唯一無二の美少女家電コメディ、笑いと感動の最終巻!

Amazon 内容紹介より

感想が滞っている間に最終巻が出てしまっていました。もう9ヶ月以上も経っています。ようやく最終巻を読み終わったので感想文が書けました。4巻の感想で「もしかしたら最終回も近いのかもしれません」と書いていますが、思った以上に早く完結巻が出てしまった感じがしましたね。少し寂しいです。

 

さて「フルチャージ!! 家電ちゃん」の完結巻5巻です。1巻を読んだ時の初速を考えれば、思ったよりも続かなかったという感想になりますし、3巻辺りの流れから考えれば致し方ないかな、と思わされる漫画だったと思います。面白いか面白くないかで言えば、間違いなく面白い漫画だったと思いますよ。1巻を読んだ時はアニメ化待ったなしだな、と思いましたもの。個人的にはもっとじっくりとアイちゃんを使ってあげて欲しかったです。この漫画に自分が感じた一番の不満はその点でした。

5巻ではミリーちゃんまでは端役として登場したものの、4巻初登場だったお静ちゃんはお話にはまったくと言って絡みませんでしたね。まあ、最終巻になって4巻の後半に登場した新キャラの話が大半というのも厳しいでしょうし、単純にアイちゃんとケイちゃんがいれば、問題なく回っていく漫画だったようにも思えます。ミリーちゃんには申し訳ないですが…。

そういう意味で5巻はほとんどアイちゃんとケイちゃんで構成されていて、特にアイちゃんの割合が大きくなっていたので、個人的にはかなり楽しめました(65話、66話辺りは少し怪しい雰囲気を感じてしまいましたが…)。

 

ただ、やはり1巻での期待値がかなり高かった点、アイちゃんというキャラクターは最後までとても魅力的だった点を考えると、漫画全体とするともう少し何とかならなかったかなあ、と思ってしまうのも事実です。1話1話のテンションの高さに漫画全体がついていけなかった、という感じでしょうか。60話の「ケイ散歩」みたいな回がもっとあって良かったと思うのですよね。もちろん、大半の読者が読みたい話はあの手の話ではないとは思いますが、ああいったテンションの低い穏やかな回で1人1人のキャラクターをもっと丁寧に描いていけたら、展開も違ったのではないかなあ、と思ってしまいました。

 

そんな訳で「フルチャージ!! 家電ちゃん」の完結巻5巻はドタバタコメディに相応しい幕切れと言えなくもない終劇でした。後半に登場したキャラクターたちが好きだった読者には悲しいかもしれませんが、慌ただしかったもののアイちゃんにフォーカスして上手くまとまっていたと思います。まったく手放しで面白かった、と言い切ることは出来ませんけれども、好きな漫画でした。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です